2014年06月16日

文字化けメールを解読できる「もじばけらった」

フォームから送信されたメールが文字化けしてしまったので何とかならないかという相談を受けて、いろいろ調べた結果、文字化けを解読できる「もじばけらった」なるサイトを見つけました。
http://lab.kiki-verb.com/mojibakeratta/

『ここに化けちゃった文字を入れたら…』のところに、例えば『%83e%83X%83g』のような文字化けした文字列をコピー&ペーストし、下の『もじばけらったー!』ボタンをクリックします。

すると「ISO-2022-JP」「ISO-8859-1」…のタブがある枠内に同じタブがある枠が表れ、その中に『string(12) "%83e%83X%83g"』の文字が表れます。

ここで外側と内側のタブの組合せを色々変えてみます。この例では、外側「SJIS」、内側「URL-ENcode」にした時に、元の文字『string(9) "テスト" 』が表示されました。

ちなみに、転送されてきた文字化けメールも同じ組合せで解読することができました。
posted by ikomai-net at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン&インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

タウンミーティングに参加しました

4月15日(火) の夜に小牧市北里市民センターで行われたタウンミーティングに行ってきました。用意された椅子(200席ぐらい?)のほとんどが埋まっていて予想していた以上に人が集まったなと感じました。

市長の話の中で、前回策定した小牧市総合計画では、平成30年の人口が約16万人になっていたが、新基本計画では現在よりわずかに減少して15万1千人になっているという説明がありました。これまでの右肩上がりという想定ではなく、人口減少社会、少子高齢化に対応する計画であるということでした。

ちょうど、里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く(藻谷浩介,NHK広島取材班)という本を読んでいるところでもあり、他の自治体と比べて恵まれている小牧市 でもそうなんだと認識を新たにしたのでした。

参加者からの質問は身近なことに関する話が多かったのですが、私は「大村愛知県知事が表明した、2020年のフットサルWカップ誘致に関わっていく考えはあるか」という質問をしてみました。市長は前向きな答えに付け加えて、来月5日にパークアリーナ小牧で開催される「こども夢・チャレンジカップ U-12(小牧市長杯)」の話をされました。

小牧のACミランを始め、日本各地にヨーロッパにあるクラブのサッカースクールがあり、プロチームと同じユニフォームを着て練習しているが、そのユニフォームを着て試合をする機会がなかったので、子供たちが非常に楽しみにしているという話でした。それを聞いて、継続して開催していけば小牧が「少年サッカーの聖地」となることも夢ではないのではないかと思えました。
ツイッターでも情報発信中
posted by ikomai-net at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

サカエヤ食品店のホームページ

http://sakaeya-komaki.sakura.ne.jp/wp/

小牧市南外山にある「今、話題の食品」や「旬の調味料」がおいてある小さな酒屋。
江南市の勲碧酒造で造られた『純米酒 小牧』、『小牧・信長ビール』などのオリジナル商品も紹介されています。
ツイッターでも情報発信中
posted by ikomai-net at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

浅田真央の涙とキム・ヨナの笑顔

ソチ・オリンピックの女子フィギュアスケート・フリースケーティングが行われた2月21日はスポーツファンにとって忘れられない一日となりました。前日のショートプログラムで信じられないようなミスを連発した浅田真央が、たった21時間後に「集大成」という本人の言葉通りのスケーティングを見せることを誰が想像したでしょうか。

自分のできるすべてを見る人に届けたいという彼女の思いはスタート時の表情にそのまま表れています。冒頭でこだわり続けたトリプルアクセルを成功させたあとも次々とジャンプを決めて、会場の雰囲気はどんどん盛り上がっていきました。最後までスピードが衰えることはなく、滑り終えたあとに見せた涙、そして笑顔。メダルには届かなかったこの4分間の演技はソチ・オリンピックのハイライトシーンになりました。

「あの子は大事なところで転ぶ」と口を滑らせた森喜朗氏は皮肉なかたちで引き立て役となり、大会前にメダルの獲得数にこだわる発言をしていた橋本聖子選手団長らとともに、スポーツに関わってきた政治家やJOC関係者たちの考え方が20世紀のままであることを露呈しました。

そしてこの日、私にはもうひとつ印象に残ったシーンがありました。最後の演技者となったキム・ヨナがキス・アンド・クライで自身の得点を確認した時に見せたさわやかな笑顔です。「どんな結果となってもそれを受け入れる」という彼女の言葉がまさしく本心であったことを知りました。韓国では今回の採点を疑問視する声があるようですが、本人が潔く受け入れたことで沈静化することになるのではないでしょうか。

競技終了後に見せた上村愛子の涙と笑顔、銀メダルを獲得した瞬間の葛西紀明の笑顔とジャンプ団体で銅メダルを獲った時の涙。

何よりも良かったと思えるのは、こうしたことを通じて、多くの人がオリンピック(スポーツ)をこれまでとは少し違うかたちで楽しめるようになったことだと思います。

今回もテレビ放送で「◯◯選手は4位に終わった」というようなアナウンスが聞かれましたが、今後こうした言葉は使われなっていくでしょう。東京オリンピックのころには「メダル獲得数の目標」みたいなものもなくなっているかもしれません。

「浅田真央の奇跡の4分間」はこうした流れを決定づけた瞬間として長く語り継がれることになるだろうと信じています。

ツイッターでも情報発信中
posted by ikomai-net at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

小牧市のメール配信サービス

小牧市が行っているメール配信サービス一覧

防災情報メール、緊急速報メール(登録不要)、資源・ごみ回収日お知らせメール、子育て支援メール、認知症見守りネットワークメールの配信が行われています。登録方法などは小牧市HPの上記ページをご覧ください。

ツイッターでも情報発信中
posted by ikomai-net at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

小牧市民まつり「こども けんちく ワークショップ」

昨日はあいにくの雨で、市民会館(小牧市公民館)も閑散としていましたが、私もメンバーとしてお手伝いした(公社)愛知建築士会小牧支部の「こども けんちく ワークショップ」はなかなかの盛況でした。

01dceaca27ac906b9758820cea7a646a999692bb22.jpg

女の子たちが根気よく積み木を積み上げ、2m以上の高さに。

013adab604529425aa87df7290dc9f5554cb9ff823.jpg

最後は小牧支部メンバーのHさんが、男の子たちの積み上げたタワーを引き継いで3mに挑戦、ぎりぎり達成できたようです。

来年以降の市民まつりにも、小牧支部は参加する予定です(内容は変わるかもしれません)。市民まつりに行かれるときはぜひ覗いてみてください。
posted by ikomai-net at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

方言チャート

http://ssl.japanknowledge.jp/hougen/

昨日の中日新聞夕刊で見て試したら、愛知県となって当たりでした。
「机をつる」が東海地方でしか通じないことを知っていましたか?
posted by ikomai-net at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする