2012年09月13日

フェルメール全作品集

小牧市立図書館「フェルメール全作品集」(小林頼子著)を借りました。A3版という大型本で1,000部限定出版です(定価は税別で90,000円!)。現在、東京都美術館「マウリッツハイス美術館展」が開催中(9/17まで、神戸市立博物館(9/29〜1/6)で、フェルメール作品で最も有名な「真珠の耳飾りの少女」に加え「ディアナとニンフたち」が展示されています。

vermeer-1.jpg

2012/7/2号のAERAには表示を飾った武井咲が「真珠の耳飾りの少女」に扮し、ポスター(こちらで見ることができます)になったことが紹介されていました。

vermeer-2.jpg

このAERAには、フェルメールに関する記事も出ていて、「デルフトの眺望」(私が最も気に入った絵です)が描かれたとされる場所からの現在の写真も出ていました。図書館で同時に借りた「フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版)」も小さいながらすべての絵をカラーで見ることができ、各美術館の案内にもなっている好著でした。また、サルヴァスタイル美術館というサイトで、フェルメールのほとんどの作品を見ることができます)。
ツイッターでも情報発信中



posted by ikomai-net at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。